母子家庭で生活保護をもらうには

生活保護を受給するためには、その他に導入されている制度や手当を使いきらなければなりません。 例えば母子家庭で生活保護をもらうには、母子家庭に適用される児童扶養手当やひとり親家庭医療費助成を受けていることが前提となるのです。 もしそれらの公的援助を受けても生活費が不足するならば、生活保護を申請することができます。 シングルマザーの平均収入は確かに低めなので、生活保護をもらうことにより生活を楽にすることができます。 しかし、収入が少ない理由としては、雇用形態がパートやバイトであること、給与が少ない職業なことが挙げられています。 より安定した収入と、将来性を高めるためには職業訓練支援学校に通うこともひとつの方法でしょう。

生活保護には、衣食住の基本的な支出のための「生活扶助」、家賃や住宅保守のための「住宅扶助」、義務教育のための「教育扶助」、病気や怪我によって病院でかかるための「医療福祉」、出産のための「出産扶助」、就職や転職するための「生業扶養」、葬祭のための「葬祭扶助」、介護制度を利用するための「介護扶助」など、合計で8種類の扶助が存在しています。 どの種類の生活保護を受けるかは、各地方自治体に提示した申請書や届出によって決まります。

生活保護を申請するには、まず役場や市役所内部にある福祉担当窓口に相談をします。 各地域によって相談する場所が異なっているため、予め電話で確認を取っておくことをおすすめします。 申請は本人や扶養義務者、または親族が行うことができます。


母子家庭の借金を減らしたい 今すぐ現金が欲しい 母子家庭の方の再婚の婚活

母子家庭の生活保護と扶養照会
母子家庭の生活保護と扶養照会には、深い関わりがあります。それは、母子家庭の方が生活に困って生活保護を申請しても、扶養照会によって認定されないことがあるのです。生活保護には「能力の活用」「資産の活用」... 記事の続きはこちら
母子家庭の生活保護と児童扶養手当
母子家庭の生活保護と児童扶養手当は、受けるための要件があります。各制度に定められている要件を満たしていることが前提になるため、母子家庭だからといって誰もが生活保護や児童扶養手当を受けられるわけではあ... 記事の続きはこちら


母子家庭の借金を減らしたい 今すぐ現金が欲しい 母子家庭の方の再婚の婚活

このページの先頭へ