カードのキャッシング、リボ払いや借金を減らせます

毎月の返済がゼロになったら何を買いますか?

実は、母子家庭の方でカードや借金の返済がある方は返済不要の可能性があるんです。

母子家庭の方でカードや借金の返済がある方は返済がゼロになる可能性があります。

過去に完済した返済も戻って来る可能性があります。

返済が減額できるとはどういうことか?

たとえば「利息をゼロにできた」「15%の利息をゼロにできた」という事例が多いです。

両者とも利息分の金利が0%になったことが大きいですよね。

実は、これは特別な事例ではないんです。

これまでにカードや借金の返済がある方であれば、あなたでも可能性があります。

家に居ながらスマホやPCで「返済がいくら減るか」を調べることが出来ます

質問項目は4個ほどで、本名の入力も必要ないので早い人であれば1分もかからずに完了します。

もちろん無料です。

資格を持つ方による診断結果がわかります。

毎月の返済がなくなれば、その分のお金を別の事に使えますね。

返済が減った!という方も多いですが、中には過払い金が発生していて返済が0円になっただけでなく数十万円が返金された!という事例も珍しくないです。

ただし、過払い金については10年間という期限がありますので早目の診断をおすすめします。

無料で名前を明かさずに、あなたの返済がいくら減るかを診断できます。






母子家庭の方のためのお役立ち情報





まずは↑から一つ選んでください。

毎月の借金の返済を払いきれなくて困っている方も少なくありません。借りた当初は返せると思っていたとしても、利息が上乗せされていって、いつのまにか払うのが困難になるほど増えてしまうというケースもあります。

借金を減らす方法として、まず思い浮かぶのが、払いすぎた利息を業者から返してもらえる過払い金返済請求です。法律で決められた利率以上に業者が設定した利息分については認められないので、請求すれば返金してもらえます。とくに、長期間の借金をしている方は過払い金がある場合が多く、請求することで借金と帳消しになって、返済が必要なくなったという方も少なくありません。

過払い金がなくても、毎月の返済額を減額することは可能です。この場合は、資格を持つ方などに無理なく返済できるように引きなおし計算をしてもらい、相手の業者と交渉してもらうように依頼するのが近道です。交渉についてはすべて代理で行ってもらえるので安心です。その際に過払い金の有無も調べてもらえます。

過払い金には10年という時効がありますし、返済が難しくなってきたら一人で抱え込まずに資格を持つ方を味方につけたほうが有利になりますので、借金無料相談を利用して頼るのが解決の近道です。






ページの先頭へ