母子家庭向けの大学の奨学金

大学に入学する場合では経済的に厳しくて奨学金を利用する人が非常に多くなっています。又大学生になると、生徒本人自身が奨学金を利用して入学するという人もいます。経済状況は家庭によって理由は様々ですが、母子家庭向けの大学の奨学金は利用が可能かというと、条件さえ当てはまればOKとなっています。特殊な理由の状況の一つが母子家庭という場合ですが、条件は基本的に奨学金を利用する場合と変わらなくなっています。

特に収入条件を良く見る必要があり、それに当てはまるかどうかによって利用出来る条件が変わってきます。例えば収入条件では世帯人数が3人で年収が750万円、世帯人数が4人で年収が850万円というふうに上限値が定められています。この上限を超えれば例え母子家庭でも奨学金を受けることが不可能という事になり、申請する事自体出来なくなっています。母子家庭で給与所得以外で家計を維持している家庭では、上限が標準より低くなっており利用しやすくなっています。細かい条件に付いては各市町村の役所で相談するのが近道です。利子は3%程度となっており安い利子で利用する事が出来ます。又母子家庭専用の母子父子寡婦福祉資金という貸付金制度が存在し、無利子で返済期間が長いものもあります。これを奨学金の代わりとして利用する事も可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


母子家庭の借金を減らしたい 今すぐ現金が欲しい 母子家庭の方の再婚の婚活

このページの先頭へ