母子家庭向けの高校の奨学金

経済的に進学が難しく、奨学金を利用して進学する人が増えてきています。奨学金と一言でいっても様々なものがあり、母子家庭向けの高校の奨学金に、母子父子寡婦福祉資金というものがあります。母子父子寡婦福祉資金は、母子家庭の母等が、就労や児童の就学などで資金が必要になった時に、都道府県、指定都市又は中核市から貸付を受けられる資金のことです。

母子家庭の母の経済的自立を支援するとともに、生活意欲を促進して、その扶養している児童の福祉を増進することを目的としています。返済時の負担軽減のため、貸付利率は無利子となています。償還期限は資金の種類により、3年間から20年間になっています。また、貸付条件の見直しにより連帯保証人要件が緩和されて、連帯保証人の確保が難しい母子家庭の実情を考慮し、連帯保証人のない場合でも、貸付が認められるようになりました。

貸し付け対象者は、配偶者がいない女子(母子家庭の母)で、現に20歳以下の児童を扶養している方や、母子家庭の母が扶養している20歳未満の児童、父母のいない20歳以下の児童などです。十分な収入があり、この制度を利用しなくても必要な経費を賄うことができる家庭は対象にはなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加


母子家庭の借金を減らしたい 今すぐ現金が欲しい 母子家庭の方の再婚の婚活

このページの先頭へ