家やマンションを売る際の税金

家やマンションなどの不動産は、売却すると売却に伴って税金などの経費が掛かります。家やマンションを売る際の税金は、売却する前に生活していた年数や、売却の後に住み替えをするかどうかによっても異なりますが、そこで生活した期間が5年を超えるかどうかによって税率が変わると考えると分かりやすいでしょう。

家やマンションを売る際の税金には、所得税と住民税がかかります。5年以上所有していた場合には長期譲渡所得ということになって税率も低くなっています。所得税なら15%、住民税は5%、合計すると売却した価格に対して20%の税金がかかると考えると良いでしょう。しかし、所有していた期間が5年以下の場合には、所得税が2倍の30%、住民税が9%と高くなり、税率は合計で39%となります。かなり高くなります。

たとえば、離婚して不動産を売却したい場合には、おそらくそんなところまで冷静に計算できないことも多く、今すぐに売却してさっさと清算したいと考える人も多いもの。しかし、売却する価格から税金や仲介手数料などの経費がかなり掛かるので、損失を少しでも抑えるためにはこうした点も計算しながら、離婚の手続きを進めることも大切かもしれません。

ちなみに、家やマンションを売る際の税金の計算は、売却した契約価格はもちろん、購入した時の購入金額や、売却にかかった仲介手数料などの経費、さらには居住用財産にかかる税金の控除などもすべて盛り込まれた計算式によって算出されることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


母子家庭の借金を減らしたい 今すぐ現金が欲しい 母子家庭の方の再婚の婚活

このページの先頭へ